鶴見区生麦駅の近くで探すプロミスはここ!審査が通ってから行けばいい

※これからプロミス審査申込みの方は、このネット申し込みが最短で最も楽な方法です!
プロミス

生麦駅の近くに住んでいてその辺でプロミスの利用を考えている!という方、、、
プロミス生麦店舗っていうのはなくて、ATMや自動契約機すら生麦駅界隈にはありません。
一番近いところで言えばすぐ横の鶴見駅に1つプロミスがあって、下るならば横浜駅まで行かないとないんです。
ということで取りあえず生麦から最短で行けるプロミスがこちらというわけ。

⇒鶴見東口自動契約コーナー
横浜市鶴見区鶴見中央1丁目31-2 シークレイン2F
営業時間:契約機なら9:00~22:00まで、ATMなら7:00~24:00まで

ほぼ駅ビル?と思われるようなところに入っているため、
実際利用しようとしたら下手したら友達に見られる可能性は捨てきれませんね。。。
そういう懸念と、あとは時間を効率的に使えるという観点から、プロミスなんて実際に審査が通って契約できたら行けばいいと思います。
それもカードを受け取ってお金を借りる為だけに、ね。
契約の為に自動契約機までわざわざ行くのはちょっともったいなさすぎます。

最速、簡単にプロミスに申し込みをする手順

さっきも言ったように、まずはWEBから申し込みをしてください。
実際に店舗や契約機に行く必要?全くありませんから!

プロミス

上記はプロミス公式サイトですが、
最初にフル入力でも簡単入力でもどちらでもいいので情報を入れます。
住所や勤務先について、ですね。

で、その後に電話が掛ってきますので、
そちらら身分証明書(運転免許)や、場合によっては給与明細を写真で撮ってプロミスサイト上でアップします。

あとはプロミスで最終的な審査である在籍確認を行い、
それが問題なければ無事にお金を貸してくれますよ!

尚、給与明細など収入証明書が必要なのは借入が50万円以上になる時です。
高額のキャッシングでなければ原則として収入証明は不要です。

ちなみにですがもし今ものすごく急いでお金が欲しく、
今日中に当日振込で貸してもらいたいなら時間的なリミットも考える必要があります。
また銀行振込に拘らなければけっこう遅めの申込み、審査でも間に合いますが、
その辺に関してはプロミス当日振込のサイトをご覧いただければと思います。
プロミスの仕組み含め、こうなっているんだ~とよくわかるはずですので!

プロミス生麦を利用の前に知っておこう!

プロミス生麦でお金を借りる場合でも、借入金額次第では収入証明書は不要です。全国規模の消費者金融だったら、おおよそ50万円を下回る金額であれば、不要となっているようです。
消費者金融については、全体的にカードローンの審査は緩めで、銀行の審査で落とされた人でも問題なく通ることがあるとのことです。とは言いましても、収入が全くない人はプロミスは利用することができないので、覚えておいた方が良いでしょう。
銀行が売り出しているフリーローンの特長は、他の金融機関よりも低金利に設定されていることです。借入限度額も高めに設定されており、借りる方としましても殊の外ありがたいと言えるはずです。
「給料日の数日前に友達と飲みに行くことになった」などでお金が必要になった時は、無利息で借りることができる金融機関がいくつかありますので、こうしたところを利用する方が賢明だと思います。
カードローンの審査で見極められるのは職歴とか収入ですが、何年か前の借り入れが難点になることもあり得ます。過去に借入していたことは、日本信用情報機構などで確認できるようになっているので、絶対に誤魔化せません。

カードローンをリサーチしてみると、個々に異なった特徴があり、融資利率や上限額といった、目に触れる一般的な情報だけでは、比較検討するのに手間がかかると思います。
カードローンの借り換えを実行する場合も、定期的に返済できるか否かを見極めるために審査を受ける必要があります。至極当然のことですが、この時の審査をパスできない限り、ローンの借り換えを行なうことはできないのです。
消費者金融においても30日間無利息貸付サービスがありますが、結局最初の利用から30日間だけのサービスなので、よくよく考えれば契約中ずっと低金利となる銀行が市場提供しているフリーローンが一番です。
おまとめローンを組む狙いは、高金利のローン事業者より低金利のローン事業者に借り換えをすることによって、月々の負担を減らすのと併せて、支払いトータル額の減少を成し遂げるということに尽きます。
消費者金融ですと総量規制による制約があるため、年収の3分の1に収まる範囲でなければキャッシングできません。申込者の年収を調べるためと返済能力があるのかどうかを判定するために、収入証明書の提出が求められるのです。

貸す側となる金融機関からすれば、「お金を借りるという人が確かに仕事をしている」という確証を得る作業を行う必要があります。それが在籍確認だということになります。
消費者金融にて、収入証明書として用意される事が多いのが、給与の詳細がわかる給与明細書です。万一これを提示できないのであれば、書類提出が不必要な銀行カードローンがベストです。
銀行のカードローンは、消費者金融が提供しているカードローンと比較検証してみますと低金利になっていて、ネックと言われる総量規制の対象ではないので、年間総収入の3分の1より高額のお金を借りることもOKです。
勤めていない主婦であっても、「総量規制」とは無関係の銀行でお金を借りるようにさえすれば、在籍確認は携帯への連絡だけで済みます。もちろん、ご主人の会社に電話が入ることはありません。
流行のおまとめローンの最大の利点は、いくつかの借金をまとめて、今よりも低金利のローンに借り換えをすることによりトータルの返済額を減らすことにあるわけで、その点を意識した金融機関選びをするようにしましょう。